●骨密度が同じなのになぜか骨が折れやすい人がいます。そこで「骨質」に注目!!

骨の健康状態を知る指標として骨密度はよく知られていますが、骨の強さは骨密度70%と、骨質30%により規定されています。骨質はさらに、材質特性と構造特性に分類され、Trabecular bone score(以下TBS)は構造を評価する指標です。TBSは骨密度とは独立した危険因子とされています。当院では腰椎骨密度検査データを利用して簡易的に骨質が評価できるソフトを導入しています。骨折リスクを事前に回避するために、「骨密度+骨質(TBS)」の検査をお勧めします。

※腰椎の骨密度検査が出来ない方はTBSの結果を得ることができません。