骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、骨の強度が低下し、骨折し易くなる病態のことです。高齢になり骨折すると、日常生活の機能や生活の質が低下してしまいます。
日本での骨粗鬆症患者数は約1280万人と推計されており、60代女性の約3人に1人、70代女性の約2人に1人が骨粗鬆症であるといわれています。

骨粗鬆症の症状

骨粗鬆症になると、骨の中は鬆(す)が入ったようなスカスカの状態になり、もろくなってしまいます。その結果、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。なかでも特に問題となるのが、脊椎(背骨)圧迫骨折や大腿骨近位部(脚の付け根)骨折です。

骨粗しょう症

脊椎圧迫骨折を起こすと背中が曲がったり、腰や背中が痛んだりする上に、姿勢が悪くなって内臓を圧迫し、胃腸障害、心肺機能の低下、膀胱障害などを引き起こし、生活の質が低下します。また、圧迫骨折の数が増えるほど死亡率も増加し、3個以上の骨折がある方の死亡率は、骨折のない人の4倍にもなるといわれています。
大腿骨近位部骨折は単に移動能力や生活機能を低下させるだけではなく、死亡率を上昇させる、生命予後と直結した骨折であることも数多くの研究から明らかにされています。

大腿骨近位部骨折の新発生患者数の変化また、大腿骨近位部骨折は増加し続けており、2014年に発表された報告では、年間で約17万5千人もの方が骨折しています。そのため、これからの骨折予防が非常に重要であると考えられます。

骨粗鬆症の原因・病態

骨は、皮膚や爪、細胞などと同じように、常に新陳代謝が行われています。
骨は絶えず、新たに作る働き<骨形成>と溶かして壊す働き<骨吸収>によって新陳代謝を繰り返しています。骨粗鬆症は、このバランスが崩れることでおこり、骨がスカスカになっていきます。

骨粗しょう症

女性は閉経後の女性ホルモンが低下するので、急激に骨量が減って、骨粗鬆症になりやすくなります。骨粗鬆症は圧倒的に女性、特に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。

骨粗鬆症の検査・診断

骨粗鬆症においてはまず、ご自身の骨の状態・骨の強さを知ることが大切です。
骨の強さは「骨強度」という言葉であらわされ、骨強度は、骨の量(骨量、骨密度)と骨の質(骨質)で決まります。
当院では、世界最高水準の骨密度測定器を導入しており、この装置では骨粗鬆症を診断する上で重要な体幹(腰椎、大腿骨近位部)の骨を調べることが出来ます。
心配な方は一度検査を受けることをお勧めします。

また、骨粗鬆症を簡単にスクリーニングできる『FRAX』というツールがあります。
FRAXは世界保健機構(WHO)で開発された骨折リスクを評価するツールです。ご自身のPCからインターネット上で、身長、体重、年齢、持病、生活習慣など数種類の項目を入力するだけで、今後10年間の骨粗鬆症による脊椎や大腿骨近位部骨折の発生リスクを知ることができます。FRAXの結果が15%以上である方は骨粗鬆症の可能性が高いので、精密検査をお勧めします。

骨粗鬆症の薬物治療

骨粗しょう症骨の強度が低下し、骨折の可能性が高い場合には薬による治療を開始します。
現在は骨折予防効果のある多くの薬剤が開発され、治療に使われています。

当院では、日本で現在発売されているすべての骨粗鬆症治療薬が使用可能です。1日1回、週1回、月1回の飲み薬や、月に1回、半年に1回の注射薬など様々な剤形がありますので、病気の状態やライフスタイルに合わせて最適なお薬を選択することが出来ます。
根気よく続けて、骨を丈夫に保ちましょう。

骨折を予防するために

丈夫な骨を作るための食事

骨を丈夫にするためには、栄養も重要です。
骨を作るうえで第一に重要なのが、「カルシウム」です。カルシウムは、牛乳や乳製品に多く含まれる栄養素です。しかし、カルシウムは吸収しにくい栄養素なので、カルシウム単独で摂取するだけではなく、吸収を助ける栄養素も必要です。それが、「ビタミンD」です。ビタミンDは、近年の研究より、転倒を防止する作用も報告されています。
その他にも、積極的に摂るべき栄養素、また、出来るだけ控えた方がいい栄養素など様々ありますので、管理栄養士に是非ご相談ください。骨粗鬆症専門外来では、管理栄養士による栄養指導も行っております。

転倒による骨折を予防するための運動

日ごろから筋力とバランス能力を維持向上させることで、転倒による骨折の予防・リスクを軽減することが可能となります。
下記のような運動を行い、骨折を予防しましょう。

片脚立ち運動スクワット

※上記の他にも様々な運動があり、患者さん個々に適した運動方法があります。詳しくはリハビリテーション科にお尋ねください。
また、リハビリテーション科では、「ロコモティブシンドローム」(ロコモティブシンドローム:運動器の障害のために移動能力の低下をきたした状態。進行すると介護が必要になるリスクが上昇する)、特に「サルコペニア」(サルコペニア:別名筋肉減少症。加齢に伴う筋力の低下または老化に伴う筋量の減少)の予防に力を入れています。
年齢とともに自然に筋力は低下し、転倒の危険性が高まります。日頃の運動習慣で、転倒・骨折を予防しましょう。

もし、骨粗鬆症で骨折してしまったら

もしも、骨折してしまったら、寝たきりにならないよう、できるだけ早く手術やリハビリを行い、早期自宅・社会復帰をめざします。
当院の最大の特徴は、骨折してすぐの急性期から、回復期まで一貫した治療が可能であることです。回復期リハビリテーション病棟では土日祝日は勿論のこと、大型連休・年末年始にも365日リハビリが可能であり、退院後の外来でのリハビリも充実しております。
患者さん個々の身体状況や環境に応じて、サルコペニア、ロコモティブシンドロームを予防する運動(通称ロコトレ)や宮腰法を中心とした骨折の再発防止のための運動や、転倒につながる環境の改善についてのアドバイスも行います。
骨の健康は体の基本です。健康で楽しい老後を過ごすために、骨と関節の健康を守りましょう。

当院における骨粗鬆症への取り組み

骨粗鬆症・サルコペニアリエゾンサービスチーム

当院では、1991年より骨粗鬆症に対するチーム医療を開始し、現在では『骨粗鬆症・サルコペニアリエゾンサービスチーム(Osteoporosis Sarcopenia Liaison Service、OSLS)』としてチームを組み、多職種のスタッフが連携し、骨粗鬆症の治療に取り組んでいます。より実効性のある骨粗鬆症の予防と治療の普及をめざし、日々研鑽を積み重ねながら、最先端の医療の提供に貢献しています。
また、当院には第1回骨粗鬆症マネージャー認定試験合格者が3名在籍しています。
骨粗鬆症のことならなんでもご相談ください。

※骨粗鬆症マネージャー制度とは、「より一層充実した骨粗鬆症の予防、診断と治療とを提供し、また広く社会啓発活動を行うことで、超高齢社会における健康格差の縮小と健康寿命の延伸に貢献することを目指し、学会として「骨粗鬆症リエゾンサービス」(Osteoporosis Liaison Service、OLS)の役割を担う、骨粗鬆症に関する知識を有するメディカルスタッフを専門スタッフとして認定する制度」(引用:日本骨粗鬆症学会ホームページ)です。

こつこつ手帳

12 『こつこつ手帳』は、『骨粗鬆症・サルコペニアリエゾンサービスチーム』が作成した、当院オリジナルの冊子です。より良い冊子を作成するため多職種のスタッフが各々の得意分野を持ち寄って討議を重ね、本年、第3版が完成いたしました。従来の第2版に比べ、サイズが大きくなり、イラストも増えて読みやすく、内容もボリュームアップしてさらにわかりやすくなりました。
骨粗鬆症の診断基準や薬物治療、骨折の予防法やサルコペニア、ロコモティブシンドロームなど、骨粗鬆症に関連する最新情報が分かりやすくまとめてあります。自宅にいても分からないことがあったら手帳ですぐに調べることが出来たり、骨折の予防や治療の継続に活用することが出来るようになっています。今後の予防や治療にぜひご活用ください。

※『こつこつ手帳』をご希望の方は、当院外来看護師にお申し出ください。

骨粗鬆症専門外来

当院では、木曜日午前に『膝・骨粗鬆症専門外来』を行っています。
専門外来は予約制で、担当は病院長片平弦一郎医師です。
片平医師は日本整形外科学会・日本膝関節学会・日本骨粗鬆症学会・日本脊椎脊髄病学会・日本骨代謝学会・日本骨形態計測学会に所属し、ロコモアドバイスドクター、札幌医科大学整形講座臨床教授であります。特に日本骨粗鬆症学会においては、第一線で治療に携わりながら評議員としても活躍しています。