11月19日に旭川において骨粗鬆症リエゾンカンファレンスが開催されました。

特別講演として院長が「骨粗鬆症治療の現状・ロコモ・サルコペニアを視野に入れたリエゾンサービス」、

リハビリの小笠原が基調講演として「骨粗鬆症リエゾンサービスの現状と今後の課題」のテーマで講演してきました。

img_0529 img_0523