リハビリテーション(リハビリ)とは?

Re-habilitationの語源は、『Re』はラテン語で≪back ward(うしろへ、もとへ、再び)≫、『habilitation』は≪habilitate(適させる、能力を持たせる)≫です。また、これに英語の≪habile(上手な、器用な)≫という形容詞的な意が加えられた造語で、病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由となった人々に対し、身体と心の両面から機能回復・維持をはかる医療の一つです。

実際には各個人の状態を調べて全体像(身体機能・心理面・リスクなど)をつかみ、適切な治療方法・目標を設定後、治療を進めて行く医療です。

当院では、リハビリテーションは専門資格を持った理学療法士、作業療法士が行います。また地域や介護する家族への指導(住宅改造への助言・デイケア・訪問リハビリの利用など)、予防医学に対しての助言など幅広い範囲にわたり行っています。

理学療法イメージ

理学療法

筋力・関節可動域・バランス能力・痛みの改善(回復)などを通じて、日常生活活動(起きる・坐る・立つ)・歩行などの運動能力を高めます。
理学療法士が1対1で運動の指導や徒手療法などを行い、筋や関節が正しい動きをするようにします。
作業療法イメージ

作業療法

一般的に皆様がもたれる「リハビリ」のイメージは筋力訓練や歩行訓練などですが、作業療法では「楽しみながら」「頭を使いながら」「実生活に結びつくように」を基本方針に体のリハビリに加え、頭のリハビリ、着替えやトイレ・家事動作などの生活動作の訓練を行います。

物理療法イメージ

物理療法

温熱療法・水治療法・光線療法・電気療法などにより痛みや循環の改善をはかります。当院のリハビリテーション科では従来の電気療法とは別に中周波治療器を用いた電気療法を開始いたしました。 この器械はとても小型で持ち運びが可能なため場所を選ばずに実施することが可能です。 皮膚表面への刺激も少なく、より広い範囲・より深い部分まで電流が届きます。 電気刺激(電気的筋肉刺激/Electrical Muscle Stimulation)は一定の周波数の電気で刺激することにより筋肉を効率よく動かし、 筋肉中でエネルギーを消費して高い運動効果が得られます。 この治療器を使用することで、主に①筋力トレーニング、②創傷部位の鎮痛・治癒の促進、③運動後のクールダウンを促すことが可能となります。IMG_6186IMG_6183

 

 

 

 

 

歩行分析

歩行分析計 MG-M1110 見守りゲイト®(LSI メディエンス社製) を使用した歩行分析を開始しました。この機器の使用により、歩行のスピードや力強さ、歩幅、均一性などを計測し、ご自身の歩行がどのようなものであるかを知ることができます。また、筋力・関節可動域・バランス能力などの各身体機能評価と合わせることで歩き方の問題点を見つけることが可能です。その結果をもとに問題点についての必要な運動指導などを行うことで正しい歩行を促します。ゲイト君でーた21ゲイト君でーた1920160531_082220