腰痛は、有訴率第1位(もっとも多い症状)で、日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験しています。腰痛の原因は、内臓の関連痛などもありますが、整形の話では、大きく筋肉、関節、骨、神経、混合に大別されます。
例をあげて主だった病態を紹介します。

<筋緊張性腰痛>
筋肉に過度のストレスが加わり筋肉が緊張することで引き起こされる筋肉由来の腰痛。

<急性腰痛症>(いわゆる、ぎっくり腰。腰椎捻挫)
魔女の一撃ともいわれる、関節由来の腰痛。

<腰椎間板症>
椎間板(関節軟骨)の変性による軟骨による腰痛(鈍痛)

<腰椎椎間板ヘルニア>
腰痛と下肢痛(場合により麻痺)を伴い主に神経による腰痛、診断はMRIによる

<腰部脊柱管狭窄症>
脊柱、脊椎の変形の伴い神経の管の圧迫により、下肢のしびれ(場合のより麻痺)、間欠性跛行(歩いていると痺れが強くなり少し休むと回復する)が、主症状の骨と神経による腰痛

<圧迫骨折>
骨の脆弱性に伴い圧潰する骨由来の腰痛

他、腫瘍、感染は、発生した部分に起こる腰痛。
筋、関節、骨由来の疼痛は、状態により安静治療、薬物療法、物理理学療法、装具治療で多くの場合症状が落ち着きますが、しびれ、下肢痛を伴う椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症の場合は、神経の状態により治療が異なります。神経への圧迫が強ければ強いほど、また神経への圧迫の年月が長ければ長いほど、神経自体の変化を引き起こし症状が残存します。(痛みはとれたけど、痺れが残るなど)
など色々な原因の腰痛があり、前回これで腰痛が取れたとか、隣人が腰痛をこれで治したので、とよく耳にしますが個人での判断は悪化、回復の遅滞をさせることもあります。また、温めた方が良いのか?、逆に冷やした方が良いのか?、動かした方が良いのか?、安静にした方が良いのか?など疑問が多いと思われます。腰痛がある場合には、整形外科を一度受診することをお勧めします。腰痛の合言葉は『よし、整形へ行こう!』です。

【治療】
物理理学療法(ストレッチ、腹筋背筋トレーニング、温熱治療など)、装具治療、薬物治療、ブロック注射と段階的に行います。どこかで症状の消失(日常生活に不自由ない状態)が得られる場合は、治療はその段階までで済みますが、それでも症状の消失が得られない場合は、手術治療となります。現在は、良い薬が出ているため手術治療になる患者さんは、少なくなっています。
当院では頚、腰に関し低侵襲の手術を行っています。腰椎椎間板ヘルニアに関しては椎間板酵素注入療法(1泊入院で施術可能)も行っています。
手術後も、回復期リハビリテーション病棟(365日リハ)で早期社会復帰を心がけています。

担当医師:
谷本医師が脊椎の専門医として毎週水曜日午前、金曜日午後に診療を行っています。

NVM5神経モニターシステム

脊椎手術を安心・安全に施行するためにNVM5神経モニターシステムを導入しております。

NVM5マーク

NVM5神経モニターシステムは、脊椎手術中の神経損傷の発生低減に寄与することを目的として設計された神経モニタリング機器です。
神経モニタリングとは脊髄・馬尾神経の電気伝導能を評価する方法です。

脊椎・脊髄の手術では全身麻酔で行うため、患者さんは深く眠ってもらいます。
麻酔がかかった後、頭に電極をつけて、手術中に電気刺激を送り、手足の筋肉の電圧をモニター上で確認します。


NVM5神経モニターシステムの外観

圧迫性病変や脊髄腫瘍などによる脊髄の損傷の程度を評価することができます。

これを脊椎手術中に行うことにより,手術操作による脊髄へのダメージや、
脊髄圧迫の除圧効果、腫瘍摘出直後の脊髄機能の回復の程度などを、客観的にかつリアルタイムに知ることができるため、脊椎手術においてもより正確で安全な手術が可能となります。