部門紹介

薬局イメージ
薬剤師が薬の調剤、医薬品の適正管理を行うと共に入院患者さんの薬の管理や医薬品に関する情報提供、服薬指導等を行なっています。

調剤

当院では院内処方箋で外来、及び入院患者さんの薬を調剤しています。
薬局では処方箋の内容、飲み合わせ、薬の量、服用回数などを適正かチェック(処方監査)し必要があれば医師に問い合わせ(疑義照会)しています。
その後薬は調剤され、最終確認(監査)後に患者さんにお渡しします。
注射薬も同様に、内容や量、混ぜて問題内科などチェックし注射処方箋に基づき患者さん一人毎に調剤し病棟へ払い出します。

病棟薬剤業務

患者さんの背景及び持参薬のチェックを行い、相互作用やアレルギー、入院治療において特に注意が必要な薬を確認しています。
患者さんのお薬の情報を医療スタッフで共有し適正な薬物治療が行われるようサポートします。その他にも患者さん毎に薬の量が適正になるよう病棟において処方前にチェックし
医師にも情報提供などを行なっています。

薬剤管理指導

薬剤管理指導は薬剤師が病棟の入院患者さんの薬の管理を行います。
薬の説明、服用開始後に副作用が出ていないか、薬の飲み合わせに問題が出ていないか等
薬物治療が適正に推進できるようつとめています。

医薬品の情報管理

様々な最新の情報が出てくる中で、当院において患者さんの安全な薬物治療に関する情報を収集、整理して、医師、看護師など医療スタッフ、患者さんに提供していきます。

お薬手帳

《お薬手帳とは》
お薬手帳は、患者さんに処方されたお薬の名前や飲む量、回数、飲み方、注意することなどを手帳1記録するための手帳です。この記録がありますと、医師・歯科医師や薬剤師が、どのようなお薬をどのくらいの期間使っているかなどを判断できます。
また、ほかの病院や診療所などでお薬をもらうときにも、医師・歯科医師や薬剤師にこの手帳を見せることで、同じお薬が重なっていないか、また、不都合な飲み合わせはないか等についての確認も行ってもらえます。お薬手帳をお持ちでない方は、当院でもお渡ししています。

《お薬手帳の使い方》
1.病院や医院、歯科医院、薬局に行ったときには、毎回、忘れずに医師・歯科医師や薬剤師に見せてください。
2.薬局で市販のお薬やサプリメントを買った場合にも、記録してください。
3.病院や薬局でお薬の名前等を書いたシールや説明書を渡された場合は、そのまま貼ったり一緒に保管したりしてください。
4.お薬について、わからないこと、困ったこと等があるときには、記録しておきましょう。
5.通院時だけではなく、外出時にはいつも持ち歩くようにしましょう。
6.お薬手帳を何冊も持って病院ごとや薬局ごとに使い分けるのではなく、「一冊のお薬手帳」にすることが正しい使い方です。