部門紹介

看護部の理念

病院の理念である地域に根ざした整形外科病院で働く看護職として、笑顔と思いやりの心を持ち、前向きで質の高い看護を提供します

看護部目標

全体目標

  • 患者さんに思いやりを持ち、安全で安楽な環境を提供する
  • 在宅復帰がスムーズにできるように、関連部署との連携を密に支援する
  • 整形外科看護職員として、知識と技術が習得できる看護教育体制の充実を図る又、積極
    的に研修に参加し、専門性の高い看護を目指す

一般病棟、地域包括ケア病棟(2F病棟)

看護部イメージ

  1. 患者さんに統一した看護を提供する
    • 勉強会の参加
    • 情報の共有
    • カンファレンスの定例化・参加
  2. 患者さんに安全・安楽な看護を提供する
    • 患者一人一人にあった看護目標の立案と評価
    • 報告の義務とすばやい対応
    • 声だし確認
    • 私語を慎む
  3. 健康管理に注意する

回復期リハビリテーション病棟(3F病棟)

  1. 安全、安楽に努める
    • 早期に患者の状況を把握し、問題点を明確にする
    • 先の予測をし、危険防止に努める
  2. チーム(Dr、リハビリ、MSW、栄養士)の連携を密にし、早期にゴール設定する
    • 個別性の個別性を生かしたゴールへ向けて十分な情報交換を行う
    • 十分に評価し、患者のレベルに合った援助を行う
  3. 接遇面の改善
    • お互いに気持ちよく働けるよう 患者、家族、職員への挨拶、応対を丁寧にする
    • 思いやりを持って優しく、笑顔で看護してゆく
    • 私語を慎む

外来

  • 相手の立場に立ち、優しく接する
  • 確認作業を徹底し、他部門との関係を円滑にして医療ミスを無くする

OPR・中材

  • 滅菌操作の徹底・器械の事前点検にて、SSIとインシデント等の発生を予防する

採用者のオリエンテーション

指導者

病棟師長・主任をはじめ、リーダー業務を経験している看護師

1週目~ 目標 病院内の約束事・他部署との関わりを知る
病棟の流れを知る
  • 職員・患者紹介
  • 申し送りに参加 回診の見学(回診時、実際に介助を経験する)
  • 記録類の記入方法・パス類の説明・機材の使用方法・装具の種類を覚える
  • リハビリの見学
  • MRI・DXA(骨量測定)の見学
  • 車椅子・サークル・松葉杖など移乗、移動方法の実際
2週目~ 目標 整形外科看護の概要を知る
処置・検査・手術等の実際を身につける
  • 定期入院を受け持ちながら、約束事・記録類の実際に携わる
  • 部屋持ちを通し、処置を覚える
  • フリー業務に就き、注射・回診の介助等を覚える
  • ギプスカット・ギプス巻きの介助を経験する
  • ミエロ、神経根ブロックの介助(初めは見学、2回目は指導者と共に、3回目は主体で)
  • 手術前日・当日・翌日の看護(小手術から実施し、脊柱・人工関節まで)
1ケ月~ 目標 整形外科疾患を理解し、基礎技術が出来る
平日の日勤業務が出来る
  • 臨時入院の対応
  • 入院から退院までの、各疾患別ADLの把握(食事・排泄・入浴・更衣・行動など)
2ケ月~ 目標 休日の日勤業務ができる
遅出業務ができる
  • 土曜日のA/P・休日の日勤勤務
  • 救急当番日(土曜日のA/P)の勤務
  • 平日の遅出勤務
  • 土曜日、休日の遅出勤務
3ケ月~ 目標 深夜・準夜・夜勤業務ができる
  • 深夜の初回は指導者と3人で行う
  • 夜勤は指導者と2人で行う

院内勉強会の取り組み

目的

専門職として、質の高い看護を研修会の様子目指す為の教育支援

内容

  • 院内外のDrを講師に招いての講習会
  • 各委員会主催の研修会(感染・褥瘡・ヒヤリハット・患者サポート)
  • 新薬剤、新機種についての説明会を随時実施しています
  • 年間10回以上の研修会を実施

病棟紹介

2階病棟

こんにちは!
私たちは、清田整形外科病院一般病棟看護師です。スタッフ28名平均年齢30代前半・・?
ピチピチとは言えませんが、油ののったスタッフが入院から退院までの看護を提供させて頂いています。病棟は急性期病床と亜急性期病床に分けられています。入院が決まってもベッドが無かった・・と、いうことが無いように心がけ、その度にベッド移動があり患者様にはご迷惑をかけているかと思いますが、「患者さまを自分の大切な家族と思いながら」をモットーに頑張っています。いつでも、笑顔でお迎えしています。

3階病棟

回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患や大腿骨頚部骨折・脊椎圧迫骨折・骨盤骨折などの骨折・その他の急性期治療を終えた患者さんに対して寝たきり防止と在宅復帰・社会復帰を目指し、個人レベルに合ったリハビリを行なっております。医師をはじめ看護師・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・栄養士・医療ソーシャルワーカーなど専門職がチームを形成し、共同でそれぞれの患者さんに合ったプログラムを作成し、必要に応じて家屋調査も組み、在宅復帰目指し積極的に取り組んで高齢社会に対応しております。現在在宅復帰率約80~90%を維持しております。

<病棟の特徴>

レクレーションの様子

  • 骨粗鬆症や転倒予防目的で 平日16:00~こつこつ体操を行なっています。
  • 月1回(第4水曜日)様々なレクリエーション
    歌会、折り紙、貼り絵、ゲーム、コンサート、時にはお客様を招いての踊りや手品等行ない家族も参加するなどし、楽しんでおります。
  • 定期的なカンファレンス
    患者さんの状況に応じてゴールを設定し、定期的に見直し、必要時家族も参加して行なっております。
  • 退院に向けて、患者さん、家族の意向に沿った退院に向けて相談を承っております。

看護部からのお知らせ

当院では、様々な勉強会を行い地域医療に貢献できるよう努力しております。その成果も日常の診療はもちろんのこと、院外でも成果が表れることもあります。今回、外来に勤務している荒木看護師が趣味で行っている剣道の稽古中、人命救助に貢献することができました。看護部としても大変うれしい出来事です。今後も地域医療に貢献できるよう努力していきたいと思います。