片平院長が参加し、平成24年11月に開催された「女性のライフステージにおける骨粗鬆症治療薬の使い分けの必要性」という座談会が行われ、その内容が冊子となり医療機関向けに発行されました。
また、平成24年12月に開催された「日本初のMonthlyビスホスホネート製剤への期待と展望」という座談会の司会を務め、その内容が医療機関向けの冊子となり発行されました。