平成28年7月17ー18日、ロイトン札幌において第29回日本臨床整形外科学会(JOCA)学術集会が行われました。当院からは、「シンポジウム10 骨粗鬆症リエゾンサービス 実臨床における取り組み」の中で、片平院長が座長を務め、笹木敦子看護部長がシンポジストとして「当院における骨粗鬆症・サルコペニア・リエゾンサービス(OSLS)の実際 看護部の立場から」という演題で発表を行いました。
2016_0718_144812-IMG_0120