一般社団法人日本骨粗鬆症学会が昨年から取り組んでいる骨粗鬆症専門メディカルスタッフの育成において、当院からは第1期骨粗鬆症マネージャー認定者が3名、そして本年4月からは新たに5名の第2期骨粗鬆症マネージャー(笹木敦子看護師、澤井真佐子看護師、二木光代栄養士、岡田多史理学療法士、佐々木紫乃理学療法士)が正式に認定されました。当院ではこれからも骨粗鬆症リエゾンサービスの質の向上を目指し、より良い医療の提供に努めていきます。