平成28年年4月4日、当院において第2回 骨粗鬆症・サルコペニアリエゾンサービス勉強会(SKS・OSLSミーティング)を開催しました。

理学療法士 岡田より「こつこつ手帳の現状と歩行分析機の導入について」のテーマにて、こつこつ手帳による運動指導の現状とその効果について、理学療法士 佐々木より「エロンゲーショントレーニング(のび体操)の紹介」としてその方法や効果の紹介、また笹木看護部長より「当院リエゾンサービスの現状」服薬継続率などについての報告が行われました。

その他に今年度より新しく参加するメンバーの紹介や今後の活動の確認などが行われました。

今後も当院OSLSチームは、各スタッフの専門性の向上をすすめ、多職種での連携をより密にして、患者さんに還元できるよう取り組んでいきます。

文責 骨粗鬆症マネージャー リハビリテーション科理学療法士 岡田多史