平成28年第1回骨粗鬆症・サルコペア・リエゾンサービス(OSLS)勉強会を開催しました。

平成28年1月25日、当院において第1回札幌清田整形外科病院・骨粗鬆症・サルコペニア・リエゾンサービス勉強会(SKS・OSLSミーティング)を開催しました。看護部長からは、先月から当院で開始されている骨粗鬆症院内連携パスについて運用から1ヶ月が経ちましたので、現時点でのスタッフの理解度、課題や問題点などを話していただきました。回復期病棟看護師からは、骨折で入院されている患者さんを対象に行っている“こつこつ教室”について報告がありました。こちらも先月から行われている取り組みで、骨を丈夫にするための栄養や運動、生活指導などを当院オリジナルの“こつこつ手帳”を用いて学ぶことができ、患者さんからは大変好評のようです。こつこつ教室は月に2回おこなっていき、今後はその模様をホームページでも報告していく予定です。当院では骨粗鬆症の啓蒙を目的に、骨粗鬆症院内ポスターを新しく作成しました。内容は新ガイドラインに従い、薬物療法・運動療法・栄養管理となっています。今後も当院リエゾンサービスチームは、各スタッフが専門性を高め他職種が連携しあいながら取り組んでいきます。

文責 骨粗鬆症マネージャー 放射線科 秋庭貢太郎